プロフィール

ヴィオラ会の三毛猫タマ

Author:ヴィオラ会の三毛猫タマ
音楽について語らいませんか?
更新後、Twitterにてお知らせします。
Twitter URL:https://twitter.com/viola_miketama/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者数


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Classic Music Salon通信 特別編#1<吹奏楽編>

みなさんこんばんは。三毛猫タマです。
台風が過ぎ去り、ぐっと秋が近づいた今日この頃でございます。風邪などひかれていませんか?

私は今頭痛に苦しめられています。持病の偏頭痛が今日は絶好調!らしく、電車の中でめまいを感じました。こうゆうときは頭痛薬も効かないのでほんとつらいです。

この前、(自分の記憶が正しければ)はじめてお話をした友達(女子です。同期なのに4月から10月の間にちゃんと会話していなかった自分に正直なところ驚きました)と話していました。その時、彼女は課題に追われていた話をしており、私が「それは疲れたでしょ」というと別の友人が「こいつ(私のことです)とまともに会話が成立しているんだから相当疲れているんだよ」と言ってきました。「あのね~、私は一応人間ですから。変人であることを否定する気は微塵もないけどまともに相手ができないほど常軌を逸した人間ではありません!」と心の中で叫びたくなりました。私はそんなに変わっているのでしょうか?でも会話しにくい人間であることは否定できんか。(と認められる自分に悲しくなります・・・)

さて、前置きはこのぐらいにして。
タイトルを見てあれ?と思った方いらっしゃるかもしれません。「次回はN響の定期公演についてかくんとちゃうの?」はい。そう予告しました。しかし、私のPCに入っているオンラインでラジオを録音するソフトにエラーが発生し、録音に失敗しました。というわけでそのネタは没となってしまいました。申し訳ありません。

今回は特別編第一回ということで、オケに入団するまでの7年間、私が向き合ってきた吹奏楽の世界についてお話ししたいと思います。テーマは「吹奏楽のジブリワールド!」

吹奏楽の中でもジブリの音楽は大変人気があります。人によって好みは変わってきますが、私は風の谷のナウシカ、ハウルの動く城、もののけ姫、となりのトトロといったところでしょうか。
吹奏楽をされていた方はご存知かと思いますが、ハウルの動く城に関しては、ヤマハから出版されているNew Sounds in Brassシリーズの編曲が一番好きです。2005年のシリーズから出版されています。

41J5EBCGYCL__SL500_AA300_.jpg
(アマゾンのサイトより)

コルネットの幻想的なソロから始まり、日が差し込むように人生のメリーゴーランドのメロディーが、ゆったりと奏でられる、幻想的な編曲となっています。自分はこの曲を演奏したことがあります(ヴィオラをやる前はフルートをやっていました)。この幻想的な世界を表現するのはなかなか至難の業でした。その時、こうゆう世界を表現するのが、こんなにも難しいのだなと思ったのを覚えています。

もののけ姫は久石譲自身が編曲した「交響組曲 もののけ姫」が好きです。もののけ姫はジブリ映画の中でも私が映画自体を見たことのある作品のひとつで(あと見たことのある作品は千と千尋の神隠しだけです)、やはり彼自身が編曲したこともあってか、その世界観をどんぴしゃりで描いているように思います。
風の谷のナウシカも同様に交響組曲が出版されています。3章に分かれています。こちらもきれいな編曲です。ただ、自分が風の谷のナウシカを見たことがないので、ナウシカの世界をいまいちとらえきれておらず、ただ、美しいだけで終わっているのが現状です。

吹奏楽の面白いところは、かなりクラシックな曲からポップな曲まで、オールラウンドで演奏できるところです。実際、モーツァルトの曲も吹奏楽にアレンジされており、そのアレンジもまた魅力的に仕上がっています。これらジブリの作品も、もともとはオーケストラ向けに書かれたものであり、これを編曲家の方々によって吹奏楽向けに書き直されたものです。編曲家の方もまたとても上手に編曲されており、それぞれの楽器の特性・音色を熟知されたうえで編曲しているため、基本的に無理な演奏が要求されることはないように感じます(もちろんテクニックは必要ですが)。

ジブリの音楽(さらに久石氏が書く音楽)は独特の美しさを持っているように思います。ただただ美しいだけではない。その美しさを際立だせる周りの背景・物の存在を否定しない美しさ。もっといえばそれらがないと美しさが成り立たないのではないかと思わせる美しさを表現しているように思います。純粋な美しさも美しい。しかし現実世界において、純な美しさは早々存在しない。だったら全部ひっくるめて美しいでいいではないか。彼の音楽からはそんなメッセージが発せられている気がします。
吹奏楽の話題からすこし離れてしまいますが、久石氏がかいた「Oriental Wind」という曲はそうゆう曲な気がします。バックでやっているヴァイオリンの刻み。決して美しいメロディーではない。しかしこの刻みがあることでピアノやチェロの奏でるメロディーの美しさが際立つ。久石氏の描く美しさはこうゆう美しさなのかな、と思います。

日本においては吹奏楽の立ち位置はクラシックの次、クラシックよりは大衆向け、といった感じですが、欧米(特にアメリカ)では吹奏楽はクラシックと並ぶほどの人気がある音楽分野です。日本よりも吹奏楽は活発に演奏されているようです。小さいころからオーケストラやクラシックをされていた人の中には吹奏楽に少し抵抗がある人もいるようです。しかし、音楽というジャンルにおいて、どの分野間にも敷居はないはず。すべて同じ音楽です。吹奏楽には吹奏楽独自の美しさがある。ジブリの音楽はオーケストラの演奏も、ブラスバンドの演奏もたくさんある数少ない音楽だと思います。また、ジブリ音楽において吹奏楽独自の美しさが際立っていると個人的には思います。

吹奏楽でしか表現できない、“生の”息遣い。息を吸わなければ絶対に演奏できない音楽。人間の生の息が楽器を通すことによって美しい旋律となる。人間の思いが直接楽器に伝わり、その思いを楽器が受け取り、奏でる美しい、人間味のあるあったかいメロディー。是非、そんな吹奏楽の美しさをジブリの幻想的な世界の中で感じていただければと思います。

ではまた次回の配信でお会いしましょう。

Written by サロンオーナー 三毛猫タマ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://violamikenekotama.blog.fc2.com/tb.php/4-33e81f39

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。