プロフィール

ヴィオラ会の三毛猫タマ

Author:ヴィオラ会の三毛猫タマ
音楽について語らいませんか?
更新後、Twitterにてお知らせします。
Twitter URL:https://twitter.com/viola_miketama/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者数


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【週刊】Classic Music Salonへようこそ#15 ~新旧の比較!<シベリウス ヴァイオリン協奏曲>

みなさんこんにちは。三毛猫タマです

ちょっと前になるのですが、オケの友人から面白い音源をもらいました。
シベリウスのヴァイオリンコンチェルト。
初版と改訂版。新旧の譜面で演奏したものです。

これは先日一緒に飲みに行ったオケの指揮者の先生が言っていたことなのですが、、、
「ヴァイオリンコンチェルトっつうのはたいてい何度も何度も書き直すもので、書き直したものの方がよい曲になるもんなんだよね~」と。

なかなか初版を聴く機会というのはないものです。
今回はそんな新旧両方の音源が存在するシベリウスのコンチェルトについてお話ししたいと思います。

この曲が作曲されたのは1903年、初演は1904年、改訂版の初演は1905年です。
初演時、この曲は美しい部分がある者の、全体として冗長であるという評価を受けます。その後、彼はブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴き、自身の協奏曲をもっとシンフォニックな曲にしようと改訂を決意します。それによって、ヴァイオリンの名技性を抑え、構成を濃密にし、より交響的な響きを表現することに成功したのです。
彼は改訂版出版後初版の演奏を禁止しますが、1991年に遺族の許可の下、レオニダス・カヴァコスの独奏、オスモ・ヴァンスカ指揮のラハティ交響楽団により録音が行われました。今回私が聞いたのもこの演奏です。

BI0500.gif


<第一楽章>
初版の方が若干雑多に聞こえる気がします。なんか曲のフレーズにつながりがないような、なんか余計なものがあるような。
頭に浮かんだフレーズをポンポンと出してつなぎました、って印象を受けます。
あとしつこいような印象を受けます。結構同じような進行のフレーズが多い気がする・・・。
改訂版はそのあたりがきっちり整理整頓されている。整然とした曲の進行だと思います。

<第二楽章>
こちらに関しては、私は初版の方がいいな、とおもいます。
第一楽章とは反対に、一つの流れがあり、その流れがまたとても美しく流れています。
オケの響きも壊さず、かといって独奏が埋もれることもない。まるで波のたっていない穏やかな湖面に富士山がきれいに映っているような美しさがそこにはあると思います。
フレーズが長すぎることもないので、「別にここはそのままでよかったんじゃない?」と私は思いました。

<第三楽章>
初版は、冒頭の、ソロの背後で鳴らしている打ち込みのリズムが少し違うのが印象的です。ソロのフレーズ進行も結構異なっていて、違う曲かな~と思うくらい印象が違います。
改訂版でまるまる削除されたであろうフレーズもあります。「あ~そんな風につなげるのね」と思わずつぶやきたくなるような、おもしろい曲の進行です。
三楽章に関してはどっちがいいですか、と言われると難しいです。両者の違いがあまりに多すぎて、別の曲かと思うくらい、印象が異なります。
ただ、改訂版の方が「すっきり」している印象は受けます。

<全体通して・・・>
たしかに一楽章は冗長かもしれませんね。ただ、二・三楽章は楽章全体の統一感を感じられたように思います。改訂版は反ってすっきりしすぎていて、ちょっと味気ない(パンチがない)ようにさえ感じてしまいます。

なかなか初版と改訂版両方聴けるという曲はありません。初版が失敗に終わると、その譜面を破り捨てちゃう作曲家もいるので、そもそも初版がどんな譜面だったのか、というのがわからないケースも多くあります。
今回両者の音源を聴いたことで、「あ~だからこうゆうフレーズにしたのかな?」というものを感じられたので、とてもお勉強になりました。この音源を聴く機会を与えてくれた友人には感謝しています。

というわけで。今回の記事はかなり字数少ないですね・・・。
でも、手抜きしたわけじゃないですよ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://violamikenekotama.blog.fc2.com/tb.php/20-69488e9c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。