プロフィール

ヴィオラ会の三毛猫タマ

Author:ヴィオラ会の三毛猫タマ
音楽について語らいませんか?
更新後、Twitterにてお知らせします。
Twitter URL:https://twitter.com/viola_miketama/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者数


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【週刊】Classic Music Salonへようこそ#12 ~20世紀の古様式音楽の作曲家、レスピーギ

みなさんこんにちは。三毛猫タマです。
現在管理人は、所属するオーケストラの合宿の真っ最中で、今年記録的な大雪に見舞われた河口湖に来ております。
河口湖はめったに凍る湖ではないそうですが、私がきてからは凍った河口湖しか見てません!
異常気象の一端なのでしょうか?とにかく寒いです。

さて、今回の配信では、イタリアの作曲家レスピーギについてお話ししたいと思います。
オットリーノ・レスピーギは1879年にイタリアで生まれた作曲家です。「ローマ三部作」と呼ばれる一連の交響詩(すなわち《ローマの噴水(イタリア語: Fontane di Roma)》、《ローマの松(イタリア語: Pini di Roma)》、《ローマの祭り(イタリア語: Feste Romane)》)がとりわけ有名で、近代の作曲家でありながら、バロック音楽やルネサンス音楽の形式に基づいた曲を多く書いていることで知られています。

彼は若いころはヴァイオリン・ヴィオラ奏者として活躍しました。1910年にイタリアに帰国してから、彼は本格的に作曲活動を始め、自作のカンタータ《アレトゥーザ(イタリア語: Aretusa)》(1911年)のピアノ伴奏版の作成に熱心に打ち込みます。
彼が活躍した20世紀はいわゆる現代クラシックが主流の時代です。同年代に活躍した作曲家として挙げられるのが、フランス6人組と呼ばれる作曲家(ルイ・デュレ<Louis Durey, 1888年 - 1979年>,アルテュール・オネゲル<Arthur Honegger, 1892年 - 1955年>,ダリウス・ミヨー<Darius Milhaud, 1892年 - 1974年>,ジェルメーヌ・タイユフェール <Germaine Tailleferre, 1892年 - 1983年>,フランシス・プーランク<Francis Poulenc, 1899年 - 1963年>,ジョルジュ・オーリック<George Auric, 1899年 - 1983年>)やフランス印象派の代表的作曲家モーリス・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel, 1875年 - 1937年)がいます。しかし、レスピーギは彼らとは一線を画し、全く違う作風の作品を世に売り出していきます。
レスピーギの作風を端的に述べるのは難しいですが、強いて言うならば(多少の語弊がありますが)バロック音楽やルネサンス音楽の「再興」ということができるかと思います。というのも、レスピーギは作曲家である傍ら、音楽学者としての顔もあり、17世紀前後のイタリアの作曲家(ヴィヴァルディとか)の作品を研究していました。そのため、彼の作品が求めている楽器編成はバロック時代のそれと似ているところが多いのです。
しかし、レスピーギは単に「再興」したわけではありませんでした。彼はその古い時代の様式の音楽に当時の和声法やテクスチャーを取り入れたのです。ヨーロッパで広まりつつあったロマン主義の作風をバロック音楽にうまく組み入れ、「再興」したのです。wikipediaに非常にいい表現があるので、その言葉を借りれば、「イタリアのルネサンス音楽やバロック音楽を頼りに、『古様式で(イタリア語: in stilo antico)』作曲しようとして、古い音楽に新しい響きの衣をまとわせたり、古い音楽を利用したので」す。

今回ご紹介する曲はレスピーギの作品の中でもとりわけ有名な『リュートのための古風な舞曲とアリア』(Antiche danze ed arie per liuto)です。
この曲は3つの組曲から構成されていて、第一組曲・第二組曲はオーケストラ、第三組曲は弦楽合奏の編成で書かれています。とりわけ第三組曲の第三曲「シチリア―ナ」は大変有名です。
この曲は元々リュートという古典楽器のために16~17世紀に作曲されたもので、それをレスピーギがオーケストラ向けに編曲したものです。したがって、「リュートのための~」と題名にあるものの、この曲自体はリュートで演奏することはできません。

・第一組曲
 1. 小舞踏曲(Balletto)(シモーネ・モリナーロの作品「オルランド伯爵」による)ニ長調 4/4拍子
   序曲的な香りのする曲です。この曲では通奏低音が編成として組み込まれています。これにロマン派的な音色が響く、非常におもしろいサウンドが聞こえてきます。
2. ガリアルダ(Gagliarda)(ヴィンチェンツォ・ガリレイの作品による)ニ長調 3/4拍子
  個人的には、第一組曲の中では一番好きな曲です。前半部はいかにもバロックらしい曲なのに、突然中間部で東洋的な曲想に変化し、そして最後はまた前半部が再現される。バロック時代にはつくれなかったであろうこのサウンドの変化・融合がくせになる曲だと、私は思います。
3. ヴィラネッラ(Villanella)(16世紀末の作者不明の曲による)ロ短調 2/4拍子
  女神がリュートを奏でる姿が目に浮かぶような雰囲気の曲です。オーボエやフルートが奏でるメロディーが大変美しい、まさに短調の何とも言えない清流のような透明感のあるきれいな曲です。
4. 酔った歩みと仮面舞踏会(Passo mezzo e Mascherada)(16世紀末の作者不明の曲による)ニ長調 2/4拍子
  題名からもわかる通り、陽気な雰囲気の曲です。この曲ではトランペットの使用が目立ちます。後半部の、メロディーが様々なパートに素早く移っていく曲の作りは、ロマン派の作曲家らしい曲想ではないでしょうか。
・第二組曲
 1.優雅なラウラ(Laura soave)(ガリアルダ風小舞踏曲、サルタレッロとカナリオ)(ファブリツィオ・カロージョの作品による)ニ長調 2/4拍子
  ヨーロッパの田園風景の中から聞こえてきそうな舞曲です。
2.田園舞曲(Danza rustica)(ジャン・バティスト・ベサールの作品による)ホ長調 2/2拍子
  秋のヨーロッパで行われる、村の収穫祭で聞こえてきそうな曲です。後半部の対旋律の置き方はロマン派の作曲家らしい部分です。
3.パリの鐘(Campanae parisienses)(中間部のアリアはマラン・メルセヌの作品による)ハ長調 4/4拍子
  ゆったりとした曲。夕日に染まる教会の鐘の絵が目に浮かぶような美しい曲です。
4.ベルガマスカ(Bergamasca)(ベルナルド・ジャノンチェッリの作品による)ニ長調 2/2拍子
  メロディーが現代的で耳に残る旋律です。その特徴的な旋律を、様々な楽器が受け継いで奏でます。中間部は木管のきれいなSoliになっています。こうゆう楽器の使い方はレスピーギならではだと思います。
・第三組曲
 1.イタリアーナ(Italiana)(16世紀末の作者不明の曲による)変ホ長調 3/4拍子
  繊細な美しさを持つ曲です。ミュートをかけた音色はバロック時代にはなく、20世紀だから出来上がった音色です。
2.宮廷のアリア(Arie di corte)(ジャン・バティスト・ベサールの作品による)ト短調 3/4拍子
 荘厳な響きを持つ曲。中間部はこれと対をなす明るい軽やかな曲調で、この対比を楽しめる一曲です。後半部はコラールにも聞こえる神聖な響きが表現されています。
3.シチリアーナ(Siciliana)(16世紀末の作者不明の曲による)ハ短調 3/4拍子
 全組曲中もっとも有名な曲。短調の絶妙な美しさが見事に表現された一曲。イタリアバロック音楽らしい曲で、一つのメロディーの背後で奏でれる伴奏が変化していく作りになっています。
4.パッサカリア(Passacaglia)(ルドヴィコ・ロンカッリの曲による)ト短調 3/4拍子
 同じ短調でも、この曲では短調の持つ暗さが全面に表現されている曲です。オルガン曲のような作りになっていて、一つのメロディーが、様々な音域の楽器によって奏でられます。

この曲はレスピーギがサンタ・チェチーリア音楽院教授を務めていた頃、同図書館で古い時代の楽譜を色々と研究した成果が基となっています。まさに、音楽学者としての研究の成果が、この曲に表わされているのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://violamikenekotama.blog.fc2.com/tb.php/16-1c1f916b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。