プロフィール

ヴィオラ会の三毛猫タマ

Author:ヴィオラ会の三毛猫タマ
音楽について語らいませんか?
更新後、Twitterにてお知らせします。
Twitter URL:https://twitter.com/viola_miketama/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者数


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【週刊】Classic Music Salonへようこそ #5 バロック音楽の醍醐味~バッハ・ブランデンブルグ協奏曲第3番

みなさんこんにちは。ご機嫌いかがでしょうか。オーナーのタマです。
多忙のため更新が遅れましたことお詫びいたします。

さて、冒頭から次回の予告というのもあれですが、次回の配信では11月15日(金)にNHK-FMで放送されるNHK交響楽団第1767回定期公演についてお話ししようかと思います。以下に曲目をあげておきますので、興味のある方は是非お聞きください。

11月15日(金) NHK-FM 19:00~21:10放送
NHK交響楽団第1767回定期公演<Cプログラム>

ボロディン/交響詩「中央アジアの草原で」
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
プロコフィエフ/交響曲 第5番 変ロ長調 作品100

指揮 : トゥガン・ソヒエフ
ピアノ : ボリス・ベレゾフスキー

NHKホールから生中継

では本題に。
今回は少し(?)時代をさかのぼってバロック時代のお話です。
今回取り上げるのはバッハ作曲 ブランデンブルグ協奏曲第3番ト長調BWV1048です。これも言わずと知られた名曲です。

みなさんはバロック音楽をご存知ですか?
多くの方はご存知かと思いますが、バロック音楽とは17世紀初頭から18世紀半ばまでのヨーロッパ音楽のことです。(世界史で習うバロック文化とは若干時期がずれています。)ちょうどルネサンスが終わったあたりの時代です。音楽史的な観点から「バロック音楽」に組織的に言及したのはドイツの音楽学者クルト・ザックス(1888年 - 1959年)で、彼の1919年の論文 "Barockmusik" によれば、バロック音楽は「彫刻や絵画等と同じように速度や強弱、音色などに対比があり、劇的な感情の表出を特徴とした音楽」と定義されるようです。(ウィキペディアより)
バロック時代の代表的な音楽家として、今回のバッハ(独)やクープラン(仏)、パッフェルベル(独)、コレッリ(伊)、ヴィヴァルディ(伊)、テレマン(独)、ヘンデル(英)などです。
大きな特徴として、通奏低音の使用(チェンバロ)があります。これは17世紀前半にイタリアから始まったもので、バロック時代を「通奏低音の時代」と呼ぶ人もいるくらい、バロック音楽を大きく特徴づけているものです。通奏低音とは、伴奏形態の一つで、楽譜上には旋律のみが書かれているのですが、奏者はそれを適切な和音にして演奏します。現在はリアライズ(記譜された音に和音を付け加える和声化の作業のこと)を補助するための手段として、楽譜の下に数字が書かれています(これを数字つき低音といいます)。この数字は低音からの音程の度数を表わしており、「3」とあれば、低音の上3度に音があることを示します。しかし、実際にそれらの音をどのオクターヴに置くかは演奏者に任されており、演奏者は和声的に正しくなるように、4声や3声で演奏します。また、和声的な正しさだけでなく、音楽的に優れたものであることが要求されるため、自由な装飾を付けることも行われます。この数字つき低音の考えは現在のコードに通ずるものがあり、コードの原型にもなったといわれています。
もう一つ、バロック時代の特徴として、ヴァイオリン族やフルート・オーボエといったオーケストラに参加するような楽器の原型が誕生したことです。私がお世話になっているフルートくんも、17世紀にドイツで改良された形が現在のフルートの形の原型になりました。これにより、音楽に幅が広がり、より豊かな表現ができるようになりました。(とはいっても、古典派時代に誕生するピアノにはかないませんが。チェンバロって、ピアノほど強弱付けられないんですよね・・・。)またオペラが誕生したのもこの時代です。これらはすべてイタリア発祥であり、当時イタリアがどれだけ文化的に最先端を行っていたのかを垣間見ることができます(ルネサンス発祥の地ですからね)。
ロマン派の音楽と比べると聞き足りないように聞こえるかもしれませんが、バロック音楽独特のメロディーが私は大好きです。

今回のブランデンブルグ協奏曲第3番はそんなバロック音楽の中でも大変有名な曲です。
この曲はこの第3番以外に5曲有り(第1番から第6番まであります)、これら6曲をまとめて「ブランデンブルグ協奏曲」と呼ぶのですが、そのブランデンブルグ協奏曲は1721年5月24日にブランデンブルク=シュヴェート辺境伯クリスティアン・ルートヴィヒに献呈されました。協奏曲のなかでも、これらの曲は「合奏協奏曲」と呼ばれるものです。合奏協奏曲も、バロック音楽を特徴づける音楽形式の一つで、合奏が、独奏楽器群(コンチェルティーノ concertino)とオーケストラの総奏(リピエーノ ripieno — コンチェルト・グロッソとも呼ぶ)に分かれ、2群が交代しながら演奏する音楽形式です。この形式を確立したのはストラデッタと言われており、合奏協奏曲の作曲家として知られるのが彼の友人だったコレッリです(彼が作曲した合奏協奏曲第8番<クリスマス協奏曲>は大変有名です)。
この曲が作曲された経緯は次のように言われています(今のところ、これらを立証する証拠が見つかっていないそうです)。
バッハの直筆譜は現在ドイツにあるのですが、その譜面にはフランス語でタイトルが「いくつもの楽器による協奏曲集」(Concerts avec plusieurs instruments)とかかれており、その下には2年前に伯の御前演奏をした際に賜った下命に応じて作品を献呈する旨が記されているそうです。バッハが当時勤めていたケーテンの宮廷(彼はそこの楽長で、当時は宮廷楽長として一生を終えるつもりでした。その宮廷の主であるアンハルト=ケーテン侯レオポルトは自ら演奏もこなす大変な音楽愛好家で、一諸侯には珍しい立派な宮廷楽団をかかえ、楽団は多くの名手をそろえていました)において、ケーテン侯の妃となった女性が音楽嫌いであったためにレオポルト侯の音楽熱が冷め、宮廷楽団も縮小される事態に至ったため、新たな就職先を求めたいたといわれています。ブランデンブルグ辺境伯(当時のドイツ=神聖ローマ帝国において、ブランデンブルグ辺境伯は大きな影響力をもった諸侯でした)に楽曲を献上することで、その就職活動を有利にしていたのではないかといわれています。(バッハはその後1723年にはライプツィヒのトーマスカントルに転出しています。)

さて、そんなブランデンブルグ協奏曲ですが、その第3番。聞いたことがある方は「さっき合奏協奏曲は独奏楽器群とオーケストラに分かれるっていってたけど、この曲はそうじゃなくね?」と思ったでしょう。この曲は合奏協奏曲と言いながら、実はその2パートに分かれていないのが特徴なのです。楽器構成はvln、vla、vcそれぞれ3本と通奏低音となっており、独奏楽器群が存在しません。この曲の構成の特徴として、普通なら独奏楽器が奏でる旋律を、各パートが順繰りに奏でるところにあります。そのため、この曲においては、明確に2パートに分類することができないのです。
そしてもう一つ、この曲の特徴を。この曲の第2楽章はせいぜい長くて1分です。「いったいどうなってるの!?」この曲の第2楽章はフリギア終止とよばれる終止形のの2つの和音が書かれているだけであり、一般にチェンバロあるいは第1ヴァイオリンがカデンツァを奏でます。そのため、あっとゆうまに第3楽章へと進みます。なぜ、バッハがこのような形にしたのでしょうか。私も非常に疑問に思っていますが、このカデンツァがヴァイオリンやチェンバロの見せ場であり、どんなカデンツァなのかな~と楽しみに聞いています。

この曲にはなにかテーマがあって、みたいな曲ではないので、なかなか感想を言えと言っても「ただただ美しい」で終わってしまうような気がします。でも、この曲に限らず、バロック音楽全般的に言えることとして、やはり華やかな音楽だな、と思います。宮廷音楽が中心の時代なので、華やかな曲が多いのです。私の中ではなにか作業をしながら、朝起きたとき一番に聞くとき、なんかに聞きたいのがバロックです(BBCラジオ3の朝の番組でもバロックの音楽が多く流れます)。また、バロック音楽の旋律には、最近の曲でなんか聞いたな~と思わせるメロディーがあるのです。それを感じたとき、私はこんな昔の音楽が、今の音楽につながっているのだな~というのをしみじみと感じ、音楽の歴史の長さを感じるような気がします。でも私の場合は、たぶんチェンバロの音色が好きだから、バロックを聞いているのかもしれません。

バロックの音楽は、キャッチーなメロディーが多いので、普段あまりクラシックを聴かない人にも楽しんでもらえるような気がします。クラシックの入口として、バロック音楽はいかがですか?
スポンサーサイト

【週刊】Classic Music Salon通信 #4 大学祝典序曲聞き比べ

みなさんこんばんは 三毛猫タマです

まずは更新が遅れたことお詫びいたします。
先週は私の大学の学園祭があり、その関係でそこそこ多忙となり配信が遅れました。
11月は定期演奏会などもあり、忙しくなるため、配信が遅くなるかもしれませんが、ご容赦願います。

先日、NHKの深夜番組「ケータイ大喜利」に私の大好きな声優の一人、平野綾さん(『涼宮ハルヒ』シリーズのハルヒ役の方)がゲスト出演していました。
いや~声はいいし顔はかわいいし髪はロングヘアにウェーブを軽く毛先にかけていて(←この髪形は私のすきな髪形の一つなのです!!)、で惚れ惚れしてしまいました・・・
その番組で出た、私的にツボだったネタを何個かご紹介したいと思います。
①お題「恋愛ゲームの初デートで、彼女役の女の子の最初のセリフがそれ?なんといた」
 答えA「ごめ~ん遅れて、子供が熱出しちゃって。」
 答えB「運営サイトから重要なお知らせだよ」
②お題「友達との鍋パーティー、なぜか盛り上がらない。その理由とは?」
 答え「ついさっきまで庭で鳴いていた鶏の鳴き声がしないから」
③お題「十文字作文。テーマは『うそつけ!』」
 答えA「マジガチ反省してるし」
 答えB「松岡修造著『諦めろ』」
 答えC「ななみちゃん(49)」

さて、4回目の今回の配信では、大学生なら一度は耳にしているであろう、ドイツの3Bの一人ブラームスが1880年に作曲、翌年に初演した「大学祝典序曲」作品80についてお話ししたいと思います。

まずはこの曲が作曲された経緯から。
ブラームスは1879年にブレスラウ大学から名誉博士号を授与されました。彼は祝典用のファンファーレを毛嫌いしたこともあり、当初これに対して感謝状を贈るのみで満足していました。しかし推薦人のひとりであった指揮者のベルンハルト・ショルツから、そのような儀礼には、もっと盛大な感謝のしるしを示すものだと説得され、ブラームスは1880年の夏、この曲を授与への返礼として作曲しました。
ブラームスは「笑う序曲」と同時に「泣く序曲」を同時進行で作曲していました。この大学祝典序曲と同時に書かれたのは「悲劇的序曲」作品81です。
1880年9月、ブラームスはシューマンの妻でドイツの天才ピアニストといわれているクララ・シューマンと連弾でこの2曲を私的に試奏、1880年12月6日にベルリンで『悲劇的序曲』とともに公開で試演された後、1881年1月4日に、ブレスラウ大学当局によって開かれた特別集会において、ブレスラウのオーケストラ協会を作曲者自身が指揮して初演となりました。ブラームスは毒舌やブラック・ユーモアで有名で、「学生の酔いどれ歌のひどくがさつなメドレー」を作って『大学祝典序曲』と名づけ、自分の任務を果たしたのだと語っています。しかしながら、この曲は音楽技法的に高く評価されており、ブラームスの作曲技術の高さを象徴した曲ということができるでしょう。

さて、ブラームスはこの曲を「スッペ風のポプリ」と称しているのですが、音楽用語においてポプリとはフランス語でメドレー形式の一種をさす言葉です。「え?メドレー?何の?」という人もいれば「はんはん、そういうことね」と思っている人もいるでしょう。ご存知の方も多いとは思いますが、この曲は4つの学生歌の旋律が含まれているのです。いわば学生歌のメドレーといったところでしょうか。ただ、日本で知られた学生歌ではありませんが。引用されている学生歌は以下の四つです(ウィキペディアより)
・"Wir hatten gebauet ein stattliches Haus"(『僕らは立派な学び舎を建てた』、民謡に基づく)
・"Landesvater"(『祖国の父』)
・"Was kommt dort von der Höhe?"(『あそこの山から来るのは何』、狐乗り (Fuchsritt) の歌)
・"Gaudeamus igitur"(『ガウデアムス』、ラテン語で「いざ楽しまん」)

そんな大学祝典序曲、今回は様々な演奏を聴き比べてみました。
世の中にはユーチューブという便利な動画サイトがあり、ここで大学祝典序曲と検索をかけるとプロ・アマ様々な演奏を気軽に聞くことができます。その中でも今回は以下の演奏を取り上げたいと思います。
まず基準とする演奏を、私が大好きな指揮者であり、世界的ピアニストでもあるウラディミール・アシュケナージが指揮を振った、ベルリン・ドイツ交響楽団のCDにしたいと思います。

41REZMRWJ9L__SL500_AA300_.jpg
<アマゾンのサイトより>

そして、参考にした演奏を5つあげます(すべてYoutubeにあったものです)。
①クラウス・テンシュテット指揮 ボストン交響楽団演奏 1974年12月14日
http://www.youtube.com/watch?v=MYb2cTMW_6U
②アンセルメ指揮 スイスロマンド管弦楽団演奏 日付等不明
http://www.youtube.com/watch?v=csaXfPstlqw
③ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1966年
http://www.youtube.com/watch?v=z-K9FzeH-yg
④ロリン・マゼール指揮 クリーヴランド管弦楽団 1975年
http://www.youtube.com/watch?v=ZW0ZsyBeV94
⑤ハインツ・レーグナー指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 1973年
http://www.youtube.com/watch?v=8A_Em2P16g4


冒頭(1小節目~24小節目)。
アシュケナージの演奏は行進曲のような、軍隊の行進のような雰囲気がでるテンポで始まります。
これより軽めに演奏しているのは③以外の演奏です。その中でも②と⑤はかなり速めなテンポで始まります。
それぞれの演奏の特徴を見てみると、②のパスドラは、堅めのはっきりとした音を出しています。
④はシンバルがはっきりと乾いた音を出しています。ほかの演奏では両者とも控えめの音で、バスドラは響く音を出しています。
私は③の演奏の冒頭が好きです。落ち着いたテンポでしっかりと歩み始めるような感じがいいので。
ただ、スコアにはAllegroとかかれているので、これだと実際のテンポよりは遅めな解釈になるのでしょうか。

この後、テンポ変わらず369小節目(ほとんど最後)のMaestosoまでいきます。つまり、この曲は最初に出したテンポで速めの演奏になるか否かがほぼ決まってきます。また、同じフレーズの繰り返しが多く、そのメロディーが調を変え、リズムを変えて繰り返し現れます。
アシュケナージの演奏はあまりゆれずにまっすぐ行きます。ただ、強弱の対比は比較的はっきり出ているように思います。最後は379小節目の前で大きくritし、Maestosoに入り、399小節目でritして終わる、といった感じです。
①の演奏は181小節目からのHrの3連符のフレーズをかなり前面に出しています。この部分は弦楽器がffでメロディーを弾いていますが、Hrのフレーズはfにもかかわらず、弦楽器に負けず劣らずの大きさで音を目立たせています。(わたしはHrが目立つほうが好きです。)この演奏は全体的に管打楽器が目立つような演奏です。そして379小節目以降もはやめのテンポでいき、387小節目あたりからritして、終わるという感じです。
②の演奏はテンポを緩めたり早めたりをしながら演奏しています。また、全体的にスタッカートは鋭く、堅い音なのに対して、スラーのところは柔らかい音色に仕上がっていて、この二つの対比がくっきりと表れている演奏に聞こえます。最後のところは、379小節目で急にテンポを落とし、399小節目でさらに遅くして終わる、という感じです。
③の演奏はアシュケナージの解釈に近いものがあります。(これより少し速めのテンポで演奏しているのがアシュケナージ、といったイメージです。)253小節目で大きくritしてテンポを落とし、272小節目から徐々に元のテンポに戻しているのが特徴でしょうか。この演奏はスラーは柔らかく、かなり広がりを感じさせるような演奏に聞こえますが、前の演奏に比べるとスタッカートの鋭さはあまり感じられません。ただ、低弦のピチカートは鋭いスタッカートになっています。最後は379小節目の前ですこしためてから、Maestosoに入り、そのまままっすぐ最後まで演奏する、という感じです。
④の演奏は137小節目や156小節目の前のような、ゆったりとしたメロディーの前で少しためています。ゆったりとした部分は揺れるのに対し、激しめのフレーズはまっすぐと進む演奏です。また181小節目のHrははっきりと聞こえる演奏に仕上がっています。さらにスタッカートは少し跳ねるような軽い音になっています。このスタッカートの演奏の仕方はこの演奏を大きく特徴づけている要素の一つに思えます(が、違うでしょうか・・・)。最後は366小節目で少しテンポを落とし、さらに379小節目で、そして394小節目でテンポを落とし、終わるという演奏になっています。
⑤の演奏はこれ調が違うのかな、と思うくらい高いですよね?編曲されたものなのでしょうか?またテンポはかなり速く、演奏というかメロディーがそれに追いついていないように思います(メロディーが流されているような感じがします)。なんか地に足がついていない演奏というか。正直良い演奏ではない気がします。

聞き比べた結果を書いてみましたが、やはりそれを表現するのは非常に難しい。頭の中ではそれなりにわかっているつもりなのだけど、それを言葉で表現しきれていない気がします。う~ん、どうしたものか。
しかし、いずれにせよ、この曲はやはり名曲です。何度聞いても飽きさせないメロディー、楽曲編成。同じようなフレーズが何回も出てくるのになぜか新鮮なものに感じる。ゆったりと流れるメロディーが来たかと思えば激しいアクセントの効いたメロディーがやってくる。この絶妙な対比が、これまた絶妙なタイミングで繰り返し現れるのが「だいしゅく」の何とも言えない魅力なのかもしれません。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。